リンク切れエラーは致命傷?Broken Link Checkerで回避しよう!

どうも!かにちえです!

今日もワクワク冒険をしていますか?

なんの変化もない毎日が、冒険をしているようにワクワクした日々になるように記事を書いています!

 

今回は、リンク切れのエラーを知らせてくれるプラグイン「Broken Link Checker」のお話です。

リンク切れって知ってますか?

例えば、アナタがどこかのサイトを見ていて、「◯◯のブログはこちら!」というところをクリックしたとします!

アナタは、とってもワクワクしながらクリックしたのに、楽しみにしていたブログは表示されませんでした。

これが、リンク切れです。

 

今は、ブログを作る立場になっているので、ブログに他のサイトのURLなどを貼り付ける時もあると思います。そんなときに、もしリンク切れてしまっていたら・・・

読者さんはとてもガッカリしてしまいます。

 

しかし、100記事、200記事と記事が増えていく中でひとつづつのリンクを確認するのはとても大変ですよね。

そこで、オススメなのが今回紹介する「Broken Link Checker」です。

 

リンク切れエラーは致命傷?

 

冒頭でもお伝えしたんですが、リンク切れほどガッカリするものはありません!

リンク切れは絶対にそのままにしておいてはいけません。

 

そのままにしておいても、すぐに何かなるわけではないですが、長期的に考えるとやはりよくないです。

どういうことかというと!

例えば、アナタのサイトに「スーパーアイドル・かにちえ男の元カノ画像」を見たくて、ある読者さんが遊びにきました。

アナタはとても丁寧に記事をかいていたので、読者さんは知りたいことをすべて知れて大満足です。そして、読者さんは最後に「スーパーアイドル・かにちえ男の元カノ画像はこちら」というリンクを、とても楽しみに押してみました。

 

が!

 

画像が載っているページは消えてしまっていたのです。

 

そうなるとどのようなことが起こるのかというと・・・

 

こんなに分かりやすくて面白い記事を書いていて、この人はすごい!と思いながら読んでいた矢先、リンク先の記事を押したら画像がない・・・

このガッカリ感はハンパないです!

こんな状態が続いてしまうと、せっかくのファンがどんどん少なくなっていく可能性があるんです。

 

読者さんの立場に立ってみると、分かりますよね?

見たいと思ってクリックした先がエラーページだったら・・・。サイトの信用はガタ落ちです。

 

とんでもない致命傷を追うことになります!

 

もうこんなサイト見たくない!と思ってしまう読者さんもいるかもしれません!

なので、リンク切れはすぐに修正してくださいね!

 

また、SEO的観点から見てもリンク切れは悪影響があります。

アドセンスブログをやっている場合は、Googleから良くない評価を受けて、順位が下がる可能性もあるんです。

読者さんの立場でも、Googleの立場でも、リンク切れをそのままにしておくのはデメリットしかありません。

上記のようなことにならないためにも!ぜひ、今回紹介する「Broken Link Checker」を設定して、ファンを離さないブログを作っていきましょう!

 

Broken Link Checkerの使い方

 

プラグイン?もう余裕よ!

と言えるくらい、プラグインの導入には慣れてきましたね!

 

では、いつも通りプラグインを入れていきましょう!

まず、「プラグイン」→「新規追加」→「Broken Link Checker」を検索して、「インストール」→「有効化」します。

 

すると下記のようにツール欄に「リンクエラーをチェック」という項目が追加されます。

 

このリンクエラーのところに「」っていう表示がありますよね?これがエラーのお知らせになります。

また、リンク切れが見つかったときには、メールでも知らせてくれますよ!

 

では、リンク切れになってしまったサイトはどうすればいいのか?についてお話してきますね。

 

リンク切れになったらどうするの?

 

Broken Link Checkerから、リンク切れがお知らせされました。

先ほどの画像のように「リンクエラー」という表示を見つけたら、まずはクリックします。

 

URLは、貼り付けたリンクのURL

ステータスは、どんな状態なのかを教えてくれます

リンクテキストは、設定したテキストや画像、動画などが表示されます

ソースは、どの記事にエラーが発生しているのかを教えてくれます

 

先ほどの画像は、「ビデオがありません」なので、記事に貼り付けていた画像が削除された!ということになります。

その他にも、「404 NOT FOUND」は記事が削除された!「画像」は画像が削除された!というように表示されるので、記事の中から見つけやすくなります。

 

また、メールでも同じようにどんな状態なのかを教えてくれます!メールの本文からもエラーの修正画面に行くことができますよ!

 

どのリンクが切れているのかを確認したら

  • リンクを外す
  • 再度リンクを設定する
  • 文章自体を消す

このどれかでエラーをなくすことができますよ!

 

読者さんにとって見やすく、分かりやすいサイトにするためにも、リンク切れはすぐに修正するようにしましょうね!

 

ではでは、今日はこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

かにちえでした!

コメントを送る!