Jetpackが使えない原因は?Xサーバーのアクセス制限の設定で使用可能に!

どうも!かにちえです!

今日もワクワク冒険をしていますか?

なんの変化もない毎日が、冒険をしているようにワクワクした日々になるように記事を書いています!

 

今回は、Jetpackが使えない時にはどうしたらいいのかをお話していきます。

原因はXサーバーの設定にあるので、これを解除すればすぐにJetpackは使えるようになるので、ぜひ、この記事を参考に設定してみてくださいね!

 

Xサーバーのアクセス制限に新機能?

 

2015年5月14日にXサーバーに新機能が追加されました。

それが「XML-RPC API アクセス制限」というものになります。

不正アクセスが増えたから、セキュリティー強化をするために、新機能を追加しましたよ!というニュースになります。

セキュリティー面での強化ならありがたい限りなんですが・・・

どうやら、この新機能が「Jetpack」が使えない原因になってしまっているんです。しかし、この新しい設定を解除すればすぐにJetpackが使えるようになるのでご安心を!

 

おそらく、Jetpackをインストールして使おうとすると

『Jetpackを利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります』

というメッセージが出てきますよね。

 

このままではせっかく便利なJetpackの機能が何も使えないので、使えるようにする方法をお話していきますね。

Jetpackのアクセス制限解除方法!

 

1,まずはXサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

 

2,「WordPressセキュリティ設定」をクリックしてください。


3,ドメインが出てくるので、Jetpackを使いたいドメインを選択してください。

4,「国外IPアクセス制限設定」のタブを選択し、「XML-RPC API アクセス制限」を「OFF」にします。


5,次にJetpackの連帯画面にいき、「Jetpackの認証」をします。
すると、先ほどまでのアクセス制限のメセージが消えて、Jetpackを使うことが出来るようになります!

 

6,【重要】jetpackの連帯が終わったらXサーバーのパネルに戻り『XML-RPC API アクセス制限』を『ON』にしてください!

『OFF』のままだとセキュリティ上、とても危険なので!

一度jetpackを連帯すれば、「XML-RPC API アクセス制限」を変更しても大丈夫なので、必ず連帯し終わったら、「ON」にしてください

以上で設定は終わりです。

XサーバーでJetpackが使えない場合は、こちらの方法を試してみてくださいね!

 

Jetpackの設定についてはこちらからどうぞ!

 

ではでは今日はこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

かにちえでした!

コメントを送る!