新規ドメインはどうやって決めるの?厳選3選を大公開!

 

どうも!かにちえです!

今日もワクワク冒険をしていますか?

なんの変化もない毎日が、冒険をしているようにワクワクした日々になるように記事を書いています!

 

 

ブログやサイトを作る時に必要になってくる「ドメイン」

ドメインはネット上の住所のようなものです。

 

さて、このドメインはどうやって取得するんでしょう?

ということで、新規ドメインの取得方法を紹介していきますね!

 

ドメインとは?

 

Xserverを契約していないと、ドメインの設定が出来ないのでこちらを見て契約を済ませておきましょう!

Xサーバーの契約方法を画像付きでご紹介!やってみると簡単です

2017.05.22

 

ドメインって、携帯電話のメールを作る時などに聞いたことがありますよね!

では!ドメインとは何なのか?

このサイトのURLの赤い文字の部分!

http://kanichie.com/

これがドメインになります。

 

では、このドメインとは何を表しているのか?

ドメインはネット上の住所だと考えると分かりやすいです。

 

  • サーバー-土地
  • ドメイン-住所
  • サイト-家やお店

 

サイトを立ち上げるということは、家を建てたい!お店を開きたい!と一緒だと考えると分かりやすいです。

例えば、家を建てたい!って思ったら、まず土地を探しますよね。これが、サーバーの契約になります。

本当に家を建てるとなると住所は決まっていますが、ネット上では自分で住所を決めることが出来ます。これが、今回のお話のドメインになります。

そして、念願の、マイホームが建つ!=アナタのサイトの完成

となるわけです。

 

このようにすると、ドメインっていう横文字もなんだか簡単に見えてきますよね。

さて、ネット上の住所のドメイン。

一体、どのように付ければいいんでしょう?

 

ドメインの決め方は?

 

ドメインはネット上の住所のようなものでしたよね?

では、住所はどうやって決めればいいのか!

 

有名所のドメインはというと

Googleだとhttps://www.google.com/

Yahoo!だとhttps://www.yahoo.co.jp/

楽天だとhttp://www.rakuten.co.jp/

どれもすぐに分かりやすいドメインになっていますね!

 

では、個人ではどうすればいいのかというと!

ドメインを決める際に、おすすめの方法を厳選して3つご紹介していきます!

 

1,ブログ・サイトの名前(タイトル)

 

 

これは、アナタが実際にブログやサイトに付けた、ブログの名前(ブログタイトル)をそのままドメイン名にしてしまう方法です。

ブログの名前が決まっているなら、この方法がおすすめです。

 

 

というのも、ブログ名をそのままドメイン名にするので、読んでくれる読者さんに覚えてもらいやすいというメリットがあります。

このサイトの「主婦楽クエスト」というタイトルからドメイン名を付けるなら

http://syufukue.com/

このようなドメイン名を付けられます。

 

あれ?何かキムタクみたいに略されてない?

と思ったアナタ!鋭いですね!

 

ドメイン名を決める時の注意点!
ここで注意点についてお話しておきます!

 

ブログのタイトルを覚えてもらいたいなら、正確に書かなければいけないですよね?

正確に書くと

http://syufurakuquest.com/

になります!

 

 

しかし、先ほどのドメインを見て

 

覚えずらっ!」って思いませんでした?

 

 

私が初めてこのドメインを見たら、覚えづらいと思います。

そう!かにちえが作ったこのブログの名前をそのままドメイン名にするのは長すぎるし、覚えにくいんです。

 

自分がURLを実際に入力する立場に立ってみると分かりやすいと思います!

「syufu・・・なんだっけ?que・・・えーっと?忘れちゃった。」

読者さんはアナタのサイトにたどり着けずに去っていってしまう結果に…

これでは本末転倒ですよね。

 

ドメイン名は、あまり長いと覚えてもらいにくい。

それに先ほど例に出した、「クエスト」も英語で入れると「quest」というつづりになりますが、「kueusuto」と入力するほうが簡単ですよね?

  • ドメイン名は短めに
  • 読者さんが入力しやすいように

この2点は押さえておきたいポイントなので覚えておいて下さいね!

 

 

2,ニックネームや名前

 

 

これはそのままでアナタがブログを運営する際に考えたニックネームや、名前をそのままドメイン名にする方法です。

これは実際に私も使っている方法です。

http://kanichie.com/

この赤字の部分がニックネームになっています。

 

ここでちょっと裏話!
ニックネームや名前でドメインを付けるメリットとしては、名前を覚えてもらえるという点になります。

ブログを見た時に、ブログの名前はよく目にしますよね?

でも、どこの誰が書いたのかまでは、そこまで気にする人は少ないので、名前を知らないと調べてもらえないというデメリットがあります。

 

しかし、私かにちえは名前をドメイン名にしました。

なぜか?!

実は、私。

ニックネームは決まっていたのですが、タイトル名がなかなか決まらない状態でした。

しかし、ブログは早く立ち上げれば、立ち上げるほど読者さんが集まるのも早いんです。

ということで、ブログの準備の段階でブログの名前よりも前にドメインを取るために、ニックネームでドメインを取得したんです。

その後は、お尻を叩かれるように、よし!これだーーー!っとブログのタイトルもパパっと決まったので、

結果!

悩む時間も少なくてすみました^^

という相乗効果も期待出来ますよ!

 

ブログの名前よりはインパクトには欠けますが、ファンがついてくればそんな事は問題なくなってくるので心配ないです。

もし、私のようにブログのタイトルがまだ決まっていない!

でも、ドメインを早く取ってブログを立ち上げたい!という場合は、名前やニックネームでドメイン名を決めてしまって、早くブログを立ち上げて下さいね。

 

ただ、注意したいのが同じドメインは取れないという点です。

私の名前「かにちえ」などは、珍しい名前なので誰もこの名前でドメインを取っている人は居なかったのですぐに取れました。

 

どうしても取りたいドメインが取れない…

という場合は、数字を足してみたり、何文字か文字を足してみるという方法を試してみて下さいね!

 

 

3,その他

その他の方法ですが、

 

アドセンスでトレンドブログのドメインでこんなものを見たことは無いでしょうか?

 

torendo.com

geinou.com

 

昔はこのようなドメインでも良かったんですが、今はGoogleのペナルティーが厳しくなっている状態です。

ニュース速報、流行などもペナルティーの対象になっているという情報もあります。

このようなドメインは付けないようにしてくださいね!

 

アドセンスブログは、ニュースや流行のものを最初はメインに書いていくので、ついついこんなドメインを付けてしまいたくなりますが別のものを付けるようにしましょう!

 

主婦目線でニュースをぶった切る!

というサイトの名前を付けたら、ドメインは

syufugiri

とかですね。

なんだかワンピースのゾロの必殺技みたいなドメインですが(笑)

 

みんなが知っているようなものを真似すると、覚えてもらいやすいドメインになる場合もあるので色々探してみて下さいね^^

 

最後に注意点!

サーバーを契約をしたり、ドメインを何にしよう?と考えていると、ついつい忘れてしまうもの!

 

それが、支払いです!

 

支払いを済ませないと、サーバーが使えなくなったり、せっかくのドメインも誰かが取得してしまうかもしれません。

すると、サイトを始める事も出来ない状態になってしまいます!

 

契約が済んだら、すぐに支払いをする!

 

これだけは忘れないで下さいね!

 

最後に!

 

今回は、ドメインの決めかた3つを紹介してきました!

 

ドメインとは、ネット上の住所のようなもの!でしたよね。

サーバーが土地だったら、ドメインは住所、そして、サイトはその上に建つ家やお店ですよ!というお話をしました。

ネット上なので、自分で住所(ドメイン)は決められます!

 

が!

同じ住所があると困るように、ドメインも他の人と同じものは取れないのでご注意を!

 

ドメインの決め方について3つの付け方を紹介してきましたよね。

  • ブログの名前
  • ニックネーム
  • その他(ブログが分かりやすい名前)

この3つがオススメの方法になっています。

 

最初はとても悩んでしまうところですが、早くドメインを決めてしまって、ブログを立ち上げた方が早く風グことが出来ます!

なので、紹介した3つの方法からやりやすい方法を見つけて、実践してみて下さいね!

一歩づつでも、確実にアナタは成功の道を進んでいます!自信を持って下さいね。

 

次回は、ドメインの契約方法についてお話していきます^^

ドメインを決めたらどうする?ドメインの新規取得方法を画像付きで紹介!

2017.06.16

 

ではでは、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

かにちえでした!

コメントを送る!